システム開発

トップ  >  WEBシステム開発  >  安心セキュリティでサーバー運営

安心セキュリティでサーバー運営

堅牢なデータセンターで、お客様のWEBシステムを徹底サポート

会社の運営にかかわる大切なシステム。WEBシステムの場合、インターネットを経由してシステムを利用するため、便利な反面、様々なトラブル発生の可能性があります。

マイクロシステムのWEBシステムは、県下最高峰のデータセンターにサーバー管理を委託し、あらゆる有事に備え、お客様の企業運営をサポートいたします。

データセンターを使うメリット・データセンターの特徴

  1. 堅牢な建屋と充実した設備環境
    • iDC専用に建設された建屋
    • 経済産業省安全対策基準クリア(総床面積400 )
    • 地盤の高い丘陵地に 建設
    • 床荷重700kg/屐▲侫蝓璽▲セス、ラック転倒防止策など、堅牢な建屋構造
    • 高感度火災感知装置、機器に 影響のないガス消化設備を使用
  2. 充実した電源・空調環境
    • 1250KVA、24時間以上無停止の自家発電装置を完備
    • 300KVA×1台(10分)の無停電電源装置を完備
    • 冗長化空冷方式空調設備(12台)で機器稼動に最適な環境を提供
    • 電源、室温、湿度などはすべて集中監視
  3. 快適な通信環境
    • お客様のニーズに合わせ、回線会社を選べます
    • さまざまなネットワークを提供可能
    • 広帯域インターネットバックボーン(冗長化)を構内で利用可能
  4. 事故や障害を最小限に防ぐ監視・セキュリティ
    • 監視員、監視ロボットによる24時間、365日のネットワーク、機器監視
    • 監視カメラによる入退室、作業監視
    • ICカード、バイオメトリクス認証による入退室管理
    • ISO9001/ISO14001/ISO27001/プライバシーマークを取得

専用に建設された建屋

冷却設備

冷却設備1

オフィス用の建屋の改造ではなく、設計段階からデータセンターとして建設された耐震設計の強固な建屋には、3m83cmの天井高を利用し、サーバ等から出る熱気を循環できる余裕を持たせました。
また、床下には50cmの通風/配線用のスペースを準備しています。

エアコン大型の空冷装置(クーラー)が、常時6台稼動しております。(写真は、そのうちの3台)
iDCには、12台の空冷装置が設置され、6台が交互に稼動して建屋全体を冷却しております。
(実際には、6台中2台はホットスタンバイとして稼動しており、想定以上に温度が上がった場合、冷却に使用されます。)

冷房設備3床下から、冷気を噴出し、ラック全体 を冷却。
必要に応じて、ファンを設置

必要に応じて、通路にも床から冷却風を送り出します。
これは、サーバ機器が背面から熱気を吐き出しますので、その熱気を拡販し滞留することを防ぐためです。

冷房設備3

LAN配線

LAN敗戦建屋内ケーブル(写真上)
キャリアからのケーブルは、床を通しての配線になります。
他の回線との事故を防ぐために、各配線は専用のジャバラのパイプに収められて配線されます。
(補足)
電源供給も冗長化されていますので、通常はUPSは使用しておりません。左の写真は、Windowsサーバを定期的にリブートするために設置されたUPSです。)

ラック内ケーブル
(写真下)
ラック内のケーブルは、複雑に交差しますので、配線ミスの無いように、各終端に接続先や説明を記載した札を取り付けます。
また、ラックは施錠されていますので、外部からケーブルへの事故などの対策も実施されております。
(補足)
一部、セキュリティの必要なものに関しては、意識的に札を使用していない場合もあります。

電源設備

自家発電装置、無停電電源装置を完備!

自家発電装置、無停電電源装置を完備!

電源は、配電盤を通して、冗長化された環境で提供します。(右)
バッテリ(中)によって建屋全体(サーバ、エアコン、照明、監視等全て)を10分間停電から守ります。停電5分後に発電機(左)が起動され、保持している重油で24時間の建屋全体への電源供給が可能です。
12時間以内に、契約された拠点より重油の提供が始まります。
無停電電源装置300KVA バッテリ10分間自家発電機1250KVA ガスタービンエンジン

監視

監視は主に2種類の監視方法をとります。

監視

目視監視
定時に、オペレータによる各ランプの目視監視。
これは、実際のランプの点滅を確認し、また異音や異臭を確認します。人間の感覚ではありますが多くの異常(予測)は、この目視監視で発見されます。

ロボット監視
数分毎に、監視ロボット(監視サーバ)による、各機器の死活監視を実施しています。Ping監視や容量監視・トラフィック監視等のオプション対応が可能です。

セキュリティ

セキュリティ1セキュリティ2

ISO9001 ISO14001 ISO27001 Pマークの取得
セキュリティだけでなく、品質や環境を考慮した全社での取り組み

監視員による、24時間監視
建屋入り口や廊下など、全設備内にカメラを設置し、監視員による24時間監視。(画像の記録も実施)

ICカード、バイオメトリクス認証による入退室管理
出入り口全てにICカード認証を設置し、重要な設備の出入りには指紋認証による入退室管理を設置

安心セキュリティでサーバー運営

CATEGORY MENU

金属加工達人

生産管理システム「金属加工達人」のサイトはこちらからどうぞ!

CMS LineUP

サポートシステム